社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

第24回ふれあい舞踏会に参加して

2016年3月25日(金)午後、浅草の台東区民会館9F大ホールで開催れたダンスビュウ主催の「第24回ふれあい舞踏会」にお邪魔してきました。今回初めてこの会場を使うということでしたが、明るくて広い会場には、約90名の熱心なファンが集いました。混み具合も丁度良く、思う存分にParty-Timeを楽しむことが出来ました。

今回も、近県をはじめ遠くは新潟や茨木からこのパーティーを楽しみに来られた方もいて、このイベントの人気ぶりが伺われます。私自身も、今回で連続3回目の参加になりますが、段取りや流れが良くてストレスなく楽しめるイベントとなっているのは、さすがダンスビュウと感じます。

ゲストには、前回同様ダンス歌手の岡田淳一さん、そしてスペシャルゲストには元全日本スタンダード・チャンピオンの河原央・新井いづみ先生を迎えました。スローのミニレクチャーや、スローのデモ、さらに豪華な景品が当たる抽選会等々、とても充実した内容でした。20万円相当の女性用“ウィッグ”を引き当てた女性はラッキーでした。

参加者は、今回も6対4で女性参加者の方が多かったのですが、男性アテンダントも十分配置されたこともあり(私も協力させていただきました)、ダンスは全員が十分に楽しめていたようでした。この辺の配慮も人気の高さの要因と思われます。

ゲストの“オカジュン”こと岡田淳一オンステージでは、今回もマイク片手に魅惑の歌声を披露しながら、自らの歌に合わせて踊るという離れ業的ファンサービスがありました。(鼻歌でも難しいのに、さすがです!)

スペシャルゲストの河原・新井先生のレクチャーは、スローのボディ・バランスやスイングについての解説でした。等身大の“Yの字”のパイプをボディに見立て、なるべくバランスを高く維持すること、Yの字を垂直に保って踊ることこと等、悪い例と良い例を見せながら楽しくかつ熱心に語ってくれました。

実は今回も、何人か“能面チック”な女性がおりました。お誘いした瞬間も踊っている最中も、嬉しいのか嫌なのか?楽しいのかつまんないのか?こちらが心配になってしまうようなレベルです。

結果的にはとても喜んでいただけたたようなので、ア~良かった!だったのですが、出来れば最初からイイ顔してもらえたらと思います。

ただお一人“完全能面”な女性がおりました。綺麗なドレスを着てヘアメイクもバッチリでパーティーを楽しみに来ている感満載の方でしたのでお誘いしたのですが、いきなりのイヤイヤ感オーラに「具合が良くないのでしたら止めましょうか?」と思わず喉元まで出掛かりました。案の定最後までその調子で、正直誘わなきゃ良かったと心底後悔しました。こういう女性と、笑顔の女性、せっかくのパーティーなのにどちらの方が楽しめますかね?

まあ本人の損得はさておき、踊ると決めたら最後まで気持ち良く踊るのがマナーだと思います。

 25回ふれあい舞踏会は、5月27日(金)13:00~16:30 浅草台東区民会館9F大ホールで開催予定です。とても楽しみです。

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ