社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

第17回 タンゴのPPからの1歩目って、上級者は どこか違うんですが何が違うのでしょう?後半

【PPから1歩目に乗る前の秘密】

上級者のPPでは、1歩目に体重移動する前にその準備というべき“プレ・アクション”があります。それは、➊スクィーズ ❷ケブラーダ ❸ドライブ ❹スライド ❺フリック という5つのアクションです。何だソリャ!聞いたこともないようなウサンクサイ?用語が並んでいますが、これがポイントです。

PPから1歩目に乗るまでのわずか1秒弱という時間で、この5つのアクションをどこまで決められるかがグレードに直結するのです。これが、初中級者と上級者との違いです。では、それぞれの具体的な内容を確認していきましょう。

スクィーズ

軸足の足首を“圧縮”することです。それにより、まずここに移動のためのエネルギーを溜めます。タンゴにはR&Fがないので、スクィーズこそが移動のエネルギー源なのです。つまり、これがなかったら、タンゴは動けない理屈なので、PPに限らずステップが始まる場面で必須です。

ケブラーダ

タンゴ特有の立ち方やホールドを作り、その独特の雰囲気を醸すためのアクションで、ボディをわずかに“左へ絞る”動作のことをいいます。(外からハッキリ確認できる程のレベルではなく、極わずかです)ただし、PPの場合は例外で逆の“右絞り”となります。これは、右へ絞ることで女性を若干開き気味にさせた方が2歩目の脚が抜き易くなるからです。

ドライブ

“軸足で身体を強く送り出すこと”です。スクィーズで軸足首に溜めたエネルギーを一瞬にして爆発させ、ボディ全体を進め出ます。スクィーズとケブラーダを掛けたら、すぐにドライブします。

スライド

軸足によるドライブを受けて、タップの足も滑り出て来ます。決して、PPになった最初の位置のままではありません。そこからスーッと10㎝スライドします。(このときボディの移動が伴わずに足だけを広げてしまうと、動きが収束して逆効果になってしまうので要注意です。つまり、足が広がり過ぎて動けなくなってしまうのです。)

フリック

“振り出すアクション”のことを“フリック”といいます。ここでは、スライドと同時に膝から下をサッと振り出します。これによってさらに10㎝伸びます。

☆テイクバック

❸ドライブを掛ける直前に、つま先を手前に引き(いわゆる“テイクバック”を作って)、フリック効果をより高める高等テクニックもあります。これを含めた一連の動作の流れとしては、次の通りです。

➀足首の圧縮 ➁右へのわずかな捻転 ➂つま先の引き寄せ ➃送り出し ➄滑り出し ➅振り出し

これらのプレ・アクションにより、より大きな移動量(+20㎝)と圧倒的なスピード感などを演出することが可能になります。プレ・アクションの有無は、絶対的なグレードの差を生むのです。

 

注意:本文は、ライターの経験やアイデアを基に記述していますので、必ずしもテキスト等と一致するものではありません。

※ 日ごろ感じている疑問や問題をお寄せ下さい。言いにくいとか、今更こんなことをなんて遠慮する必要はありません。貴方の悩みはみんなの悩み。編集部までぶっちゃけてください。採用者には、ダンスビュー特製グッズを差し上げます。

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ