社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

第18回 “シャッセ・ロール”と“タンブル・ターン”て何がどう違うのか、今一つ疑問なんです?前半

(似たようなステップで、どっちだって大差ないように感じるんだけど?)

中・上級者が好むワルツのルーティンに、ランニング・ウィーブからシャッセ・ロールorタンブル・ターンというのがあります。どちらも、流れが良くて変化に富んでいるのでなかなかの人気なのですが、実際どのように踊るのか、その違いをちゃんと理解している人は少ないようです。

【足型は結果】

「シャッセ・ロール(CR)とタンブル・ターン(TT)て、何がどう違うのか良く分かりません?」という質問をよく聞きます。これに対して『CRは、男性右足を後ろに掛け、女性左足を前に掛けます。TTでは、男性右足を前に掛け、女性左足を後ろに掛けます』という説明が返されます。

私もまずは、この説明から入ります。現象としての足型の違いを説明するのが一番簡単で、聞く方にも分かりやすく、手っ取り早いからです。(確かにその通りなのですが、、)

この答えで、とりあえず足型のややこしいところは理解できますが、これを知ったからといってさして上手くはならないのです。もちろん、知らないよりは知っていた方がいいに決まっていますが、これだけでは足型の完成度以外にレベルアップを見込めるものは何もないからです。

両者の違いを単に“足型”だけで捉えてしまうと、根本的な解決には至れません。足型は、単なる現象に過ぎないからです。そこに至るまでの“経過”を理解しなければ、クオリティーのアップには絶対に繋がりません。

【現象の違い】

本質を追及する前に、もう一つ現象の違いを見てみましょう。足型以外にも、どんな違いがあるかというと、それはスウェーです。CRは左スウェーですが、TTは右スウェーとなります。(女性はその逆)

実はもう一つ、回転方向の違いがありますが、これはステップの本来の意味を理解していないと、現象としては表れません。回転方向というと、右か左かの話と思われがちですが、ここでの違いというのは“横回転”か“縦回転”かの違いです。つまり、水平に回るのか、垂直に回るのかの話なのです。

ダンスで垂直回転が有り得るのかという疑問もあろうかと思いますが、これは“初動方向”の概念的な話であって、実際の回転方向ではありません。(勿論、現実のダンスに前宙やバク宙は有りません)

実際、前に掛けるとか後ろに掛けるとかの足型の違いも、スウェーの違いも、回転方向の違いも、このステップの本質的な違いさえ理解していれば、至極当然のことなのです。

さて、後半ではこの辺の本質的な違いを掘り下げてみましょう。

注意:本文は、ライターの経験やアイデアを基に記述していますので、必ずしもテキスト等と一致するものではありません。

※ 日ごろ感じている疑問や問題をお寄せ下さい。言いにくいとか、今更こんなことをなんて遠慮する必要はありません。貴方の悩みはみんなの悩み。編集部までぶっちゃけてください。採用者には、ダンスビュー特製グッズを差し上げます

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ