社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

第29回ふれあい舞踏会に参加して

 Rumbaのヒップは一つに見せろ!フリーアームは後ろから回せ!

2017年3月6日(月)午後、いつもの浅草台東区民会館9F大ホールで「第29回ふれあい舞踏会」が開催されました。今回も『ダンスビュウ・スペシャルパートナー』として、パートナーのアッコちゃんと共に協力参加させて頂きました。

今回のふれあい舞踏会は、何と160人超もの参加者を迎え、大盛況でした。毎回100人前後の参加者で、それもある意味ちょうど良かったのですが、今回は大入り満員で当日チケットも売り切れ状態でした。それは、2つの効果によるものと思われます。一つは、今回のゲストが元統一ラテンチャンピオンの織田組であったこと。もう一つは、北海道から38名もの団体参加(スーパージャパンカップ観戦の帰り)があったことです。400㎡もある広い会場が、やや狭く感じたくらいでした。もちろん、熱心な固定ファンもたくさん顔を見せてくれました。

さて今回の歌のゲストは、エディー田中と天音(ANON)さん。2回のステージでは、素晴らしい歌声で大いに盛り上げてくれました。また、大西大輔先生(JBDFラテンA級、テレビ埼玉ボールルームスターズ司会)も、友情出演ということで駆け付けてくれました。
そしてスペシャルゲストには、織田慶治・渡辺理子先生を迎えました。ミニレクチャーでは、アットホームな雰囲気の中、随所に笑いを誘いながら他所では聞けないお役立ちテクニックを披露してくれました。最後に、超スローなベーシック・ルンバを踊ってくれましたが、人間技とは思えないボディームーブメントにただ息を飲む参加者。最高級のベーシックを間近に見て、ルンバの概念が根底から覆った瞬間でした。

【レクチャー内容の概要】
1 ヒップは2つではなく1つに
ウォークでは、後ろの人にヒップが一つしか見えないようなレベルにまでボディーを絞ること。ただし両手は、正面の壁に着けたまま離さないように意識する。

2 両肩はやや後ろ位置に
スッキリとした姿勢は、肩をやや後ろに置くことで作られる。これにより相対的に胸が前に出て、強くて高いポイズが可能になる。

3 フリーアームは後方から回す
ダンスは、全身のトータルコーディネイトが必須である。その意味において“フリーアーム”の使い方は、ヒップムーブメントやボディーアクションに匹敵する。基本は、関節の可動域を一杯に使うことである。つまり、アームは前位置だけで動かすのではなくて、後ろから回して使うのである。そのためには肩の位置がポイントで、最初からボディーの後ろ目にセットされていることで可能になる。

パーティーの全体内容としては、これも恒例のミキシング・タイムや抽選会、先生と踊れるトライアル・タイムなど、いつものように盛りだくさんでした。男女比もほぼ半々で、参加者は全員が質・量ともに大いに楽しめたパーティーだったと思います。
次回《第30回ふれあい舞踏会》は、2017年 月上旬の月曜日13:00~16:30 浅草台東区民会館9F大ホールで開催予定です。歌のゲストとスペシャルゲストは?ですが、今からとても楽しみです。

 

 

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ