社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

これが元JCFスタンダードチャンピオン海宝先生の ワルツ だ!

=何もしないことこそが最高のリード=

3月11日(土)11:00~13:00、ダンスビュウ・カルチャースタジオ(西日暮里)で開催れた「トッププロ&コーチャー特別講座」にお邪魔してきました。当日は、海宝修先生(元JCFスタンダードチャンピオン)による“ワルツ”シリーズの第2回目でした。

【レッスン内容の一部】
1 PPは、背骨が移動することで初めてリードが伝わる。ここは傾くのではなく、移動することが重要なのである。(傾くとアッパースイングが作りにくくなる) そして移動するためには、脚はその先へと開いていかなければならない。だから、PPを2本足で立つのはダメ。すぐに1本足で立つこと。
2   Checked WeaveからNatural Pivotでは、崩れずに入れ替わることが最も大事である。確実に入れ替わるためには、移動せずにその場でピボットする方が難易度が下がる。
3 “Natural Fallaway”の女性4歩目(左足)は壁方向にステップであるが、正しい位置に出してもらうためには3歩目上での女性の“自立”がキーになる。それには、男性が乗り急がないことである。ここは、スピード・回転量・スウェーの絶妙なコントロールでリードする。
4 Throw Away Over Sway からスィーベルしてのKickでは、男性は過剰なリードをしないこと。女性にKickさせようとするのではなく、左前方へのボディーストレッチだけを心掛ける。ホールドもさらに広げていくこと。
5 Chasse to Rで、男性は女性を避けて回転がアンダーになってはいけない。女性も右股関節をしっかり外旋させ、1歩目の延長線上に2歩目をステップする。
6 Hover Crossでは、男性はボディーをスライドさせるようにずらしながら、左脚を差し込む感じで入れ乗り込まない。

モデル・ルーティン半周分
〔A面:ショートサイド〕壁斜めに向かい
➀NT(123)~➁Natural Fallaway(1&2)~➂Natural Pivot(3)~➃Back Whisk(123)at corner~
〔B面:ロングサイド〕新LOD中央斜めに
➄Wing(123)~➅Chasse to Right(12&3)~➆Outside Change(123)~➇NT(123)~➈Tipple Chasse to Right(12&3)~➉Hover Cross(123) at corner~
〔C面:ショートサイド〕新LOD中央斜めに
⑪Quick Open Reverse(12&3)~⑫Throw Away Over Sway(123 123)~⑬Swivel & Kick(123)~
⑭Throw Away Over Sway(123 )~⑮Twist Turn to PP(123 123)~
〔D面:ロングサイド〕新LOD中央斜めに
⑯Checked Weave(123 12)~⑰Natural Pivot(3)~⑱Running Chasse to PP(1&23)~⑲Open Naural Turn(123)~⑳Tipple Chasse to Right(12&3)~㉑Hover Cross(123) at corner~
〔A´面:ショートサイド〕壁斜めに向かい向かってウォークからスタート)
㉒Quick Open Reverse(12&3)~㉓Progressive Chasse(12&3)~㉔NT(123)~最初に戻る

毎回ラスト30分は、質問&個別指導の時間です。海宝先生が、男性にも女性にも組んで直接指導してくれるので、これがとてもありがたいんです。
次回は、4月22日(土)11時30分~13時(開場は11時)からワルツの3回目となります。
なお、これまでのルーティンについてもしっかり復習してくれるので、途中からの参加でも問題なく受講できます。

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ