社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

これが村田雄基・岸本麻里亜組の Rumba だ!

     = 究極のバランスにトライする =

3月13日(月)、ダンスビュウ・カルチャースタジオ(西日暮里)で開催れた「トッププロ&コーチャー特別講座」にお邪魔してきました。当日は、村田雄基・岸本麻里亜先生(JJDCラテンA級)による“Rumba”シリーズの第2回目のレクチャーでした。

この日のメインテーマは“バランス”。ペアだからこそ可能となる究極のバランスを追求することにより、パフォーマンスのさらなる向上を目指すというものです。当日は、オープンヒップツイストというポピュラーなベーシックを使って究明していくものでした。

【レクチャーの一部】
1 バックチェックでのオーバーバランス(女性)
女性は、右足バックチェック《2》で一旦ヒールを越える位置までバランスをオフする。ただしボディーが折れないこと。男性は、女性のオーバーバランスをしっかり支えてから引き戻す。

2 ツイスト直前でのオーバーバランス(女性)
女性は、ヒップツイスト直前での右足《4・1》をボールを乗り越える位置まで進めてからツイストする。
男性は、女性をしっかり受け止めてからツイストを促す。

3 切り返しでのオーバーバランス(女性)
女性は、ファンポジションにおいての左足《4・1》をヒールを乗り越える位置まで後退する。そこから、一旦ニュートラルバランスに戻ってから切り返し《2》、右足の上でもヒールオーバーのバランスを作ってから前進する《3》。男性は、女性のヒールオーバー⇒ニュートラル⇒ヒールオーバーというバランスの変化をしっかりとサポートすること。

4 高さを一定に保つ
その場での切り返しでは高く伸び上がりやすくなり、ステップでは両足が開いた分だけ低くなりやすくなるが、前者では抑え込み後者ではボディーをアップして、高さは常に一定に保たなければならない。

5 アイコンタクト
前回も最重要項目として取り上げたが、このエッセンスはルンバに不可欠なので確実にキープすること。

【Practice Routine】
➀オープンヒップツイスト《2341》~➁♂ロックチェンジ:♀切り返し~1/2左へスィーベル回転してセイムフットになり、シャドウポジションへ(右ウエイト)《2341》~➂左足からウォークし2人で右へ1/2スィーベル《2341》~➃切り返してライトサイドbyサイドからレフトサイドbyサイドポジションへ《2》~➄♂プレスドフォワードウォークターニング:♀フォワードウォークターニング《341》

次回は、2017年4月17日(月)19:00~20:30ですが、会場が同ビル3FのY&Mスタジオに変更となります。種目はChachachaに変わります。なお「ダンスビュウ・カルチャー」としの本講座は、今回で一旦お休みとなります。

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ