社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

“Quick Step”って、どうしたら上手く踊れるようになるの?  舞っちゃ研究-Ⅰ後半

 【クイックはワルツと同じ?】
QuickStepには、Waltzと共通するステップが結構たくさんあります。例えば、ナチュラル・スピンターンです。基本的な踊り方は、ほぼ同じです。プログレッシブシャッセ、クイック・オープンリバースなどもそうです。ですから、ステップ的には案外入り易いのです。早いテンポにさえ慣れてしまえば、後はWaltzとほぼ同じなのですから。と思って始めたのですが「どうも上手くいかないナ!」と感じている方も多いと思います。

 【なぜ上手く踊れないのか?】
オカシイナ?Waltzと同じステップを、ちょっと速めに踊ればいいだけのはずなのに!実は、ここに落とし穴があるのです。QuickStepって、Waltzを単純にテンポアップしさえすれば踊れると安易に思い込んでいたらとんでもないのです。スピードが速くなれば、それに対応する高性能ブレーキも必要です。また、繊細なハンドリングも求められます。そういう装備や認識やテクニックを持たずに踊っても、上手くいくわけがないのです。だから難しいんだということは、前回から言ってるわけですが!

 【何が必要なのか?】
では、その装備や認識やテクニックとは、具体的にどういうことなのでしょうか?それは、スピードに対応した“Sway”を最適な“Timing”で自在に活用することなのです。これが上手に使えないと、QuickStepはまず踊れません。もちろん、他にもステップに関する細かいテクニックはたくさんありますが、踊り全体をコントロールするテクニックとしてこれは必須なのです。

もっと具体的に言えば、加速にはダイブが必要です。つまり重力の活用です。ダイブするから、一気にスピードに乗れるのです。そうじゃなければ、あとは脚力で漕ぐしかありません。でも、これだと俗に言う「脚踊り」というやつになってしまいNGです。そして、ダイブするにはSwayを掛けなければなりません。そのSwayを作るためには、足裏におけるバランスの位置も重要になります。さらに、バランスをリリースするタイミングのコントロールも必須なのです。

しかし、そのスピードのまま突っ込めば、今度は行った先でのコントロールが効きません。仕方ないので脚を使ってブレーキを掛け、減速してコースアウトを防がねばなりません。こんな繰り返しをしていたら、誰だってQuickStepを楽しむどころではないわけです。こうならないために、次回ではスタートからナチュラルターンの3歩を例に、具体的なアクションについて考えてみましょう。(To be Continued)

注意:本文は、ライターの経験やアイデアを基に記述していますので、必ずしもテキスト等と一致するものではありません。
※ 日ごろ感じている疑問や問題をお寄せ下さい。言いにくいとか、今更こんなことをなんて遠慮する必要はありません。貴方の悩みはみんなの悩み。編集部までぶっちゃけてください。採用者には、ダンスビュー特製グッズを差し上げます。

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ