社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

“Quick Step”って、どうしたら上手く踊れるようになるの?舞っちゃ研究-Ⅱ前半

クイックステップの華やかさも、スピード感あってこそです。スピード感のないクイックステップなんて、肉抜きの牛丼みたいなものです(玉ねぎ丼?)。でも、そのスピード故にコントロールがままならないわけです。速くても上手に踊りこなすには、どうしたらいいのでしょう?

 【ナチュラルターンへのスタート】
ナチュラルターンへのスタートを例に考えてみましょう。まずここで、Waltzの様なゆったりとしたスタートをしていたのでは、最初から曲に乗り遅れてしまいます。遅れないで乗っていくためには、ジャストタイミングで“オフバランス”に入っていかなければなりません。

例えば、SSQQQQの2小節を使ってスタートを切るとしましょう。この場合、最終の第4Qがプレパレーションステップ(予備歩:男性左足)になるわけですが、多くの方がまずここで乗り遅れます。なぜでしょう?それは第4Qの音を聞いてからアクションを起こしているからです。第4Qが聞こえた瞬間には、もうその音を乗り越えていなければなりません。音は既に後ろに去り、次に来るナチュラルターンの1歩目Sを迎える準備をしているのです。

そのためには、もう第3Qからボディを押し出し進め始めていなければ無理なのです。さらに、第3Qから進め始めるためには、手前の第2Qで起動していなければ間に合いません。それには第1Qで、心の準備を完了しておくことが重要です。つまり、思った以上に前倒し前倒しで準備を進めていかないと、オンタイミングでのスタートは切れないということなのです。

 第1小節 : S S = 曲を良く聞いて、テンポやリズムを身体に入れる
 第2小節 : 第1Q= これから始まるプレパレーションステップへの心の準備をする 
      第2Q= ライズを起動しダイブの準備を始める
       第3Q= 脚を開きながら、身体を前に進め出す
      第4Q= 乗った瞬間には、足の上をボディが通過する 

 【ナチュラルターン(1~3歩)における違い】
QuickStepのナチュラルターンが上手くいかない主原因は、Waltzと同じ感覚で踊ってしまうことにあります。そこで、Waltzとは何がどう違うのかをしっかりと押さえておく必要があります。実は、両者の違いというのはある一つの項目だけであって(もちろんテンポとタイミングの違いは当然として)、足の位置、アライメント、回転量、フットワーク、CBM、スウェーについては全て同じなのです。ですから、同じと思い込むのも仕方ないのですけど!では何が違うのか?それは“ライズ&フォール”が違うのです。

Waltz=1歩目の終わりでライズを始める⇒2歩目ライズ継続⇒3歩目ライズ継続、
終わりでロア
Quick=1歩目の終わりでライズする   ⇒2歩目アップ   ⇒3歩目アップ、
終わりでロア

 (To be Continued)

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ