社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

“Quick Step”って、どうしたら上手く踊れるようになるの?舞っちゃ研究-Ⅱ後半

クイックステップの華やかさも、スピード感あってこそです。スピード感のないクイックステップなんて、肉抜きの牛丼みたいなものです(玉ねぎ丼?)。でも、そのスピード故にコントロールがままならないわけです。速くても上手に踊りこなすには、どうしたらいいのでしょう?

 【ライズとアップの違い】
ライズとアップ、この違いは一体何を意味するのでしょうか?まず、“ライズ”というのは「上昇運動」のことで、動作を意味します。そして、“アップ”とは「ライズが完了し到達した高い位置を維持すること」で、その状態を意味するのです。しかしながら、ライズもアップも単に高くなることぐらいにしか考えていない人が圧倒的に多いのです。それでも、Waltzの様にゆっくりとした踊りであれば、仮に両者を混同してしまってもまだ影響は少ないのですが、QuickStepの様に速い動作の中だと様々なトラブルの原因になってしまいます。

 【Waltzはライズで、QuickStepはアップであることの意味】
Waltzのナチュラルターンでは、1歩目の終わりからライズを始め、2歩目、3歩目へと滑らかな上昇を継続していきます。一方QuickStepは、1歩目の終わりでライズし、2歩目はアップ、3歩目もアップとなります。つまり、1歩目の終わりの高さを維持したまま2~3歩目を踊るのです。
 これを具体的にイメージすると、Waltzは3歩で富士山の頂上を目指しながら登っていきますが、QuickStepは1歩で5合目まで上がったらもうそれ以上は上がらずに横移動した後下山してしまうのです。頂上まで行かないから速いのです。もし、QuickStepでWaltzと同じように“ライズ”をしてしまったら、まず間に合いません。QuickStepは、ほぼフラット位のつもりで踊って丁度いいのです。

 【スイングダンスのアクセルって】
さて、鋭く加速していくためには、アクセルを踏み込まなければなりません。ボールルームダンスで、アクセルに該当するものは身体の傾斜、つまりSwayです。傾斜角とボディスピードは、比例します。また傾斜角は、足裏のバランス位置によって変化します。つまり、ボディスピードと傾斜角と足裏のバランス位置というのは相関関係にあり、これをコントロールすることでスピードを調整するのです。
 ゆっくりなWaltzでは、ボール辺りにバランスを感じて軽い前傾になりますが、速いQuickStepでは、トウにバランスを置き前傾も強くなります。これが、Waltzよりもスピードを生むためのQuickStep用“アクセル”です。

 【スイングダンスのブレーキとは】
 前傾を強くしてハイスピードで突っ走ることはそれほど難しいことではありませんが、問題は“ブレーキ”です。Waltzの場合は、最終歩3歩目のタイミングでブレーキを意識すれば十分です。それは、それまでもライズが継続しているからで、要は常にライズというブレーキが掛かった状態だからです。(ライズ=ブレーキとは、移動エネルギーが上昇エネルギーに変換されることにより結果的にブレーキとして機能することを意味します。)
 では、QuickStepの場合はどうでしょう。ライズは5合目までしか上がりません。ですから、ライズによるブレーキ効果はほぼ望めないのです。さらに絶対スピードも速いのです。ということは、アウトバーンをノーブレーキで疾走するのに等しい自殺行為をやっているわけです。QuickStepを踊るたびに死ぬわけにはいきませんので、どこかにブレーキを持ちたいのですが、一体どこに求めればいいのでしょうか?答えは、早いタイミングでの“Sway”です。

 【QuickStepのブレーキはどう掛ける?】
Swayは、Waltzが一番大きくなります。高い位置まで身体がゆっくりとライズを続けるからです。その点ライズの低いQuickStepのSwayは、それほど大きくはありません。それではブレーキにならないじゃないかって?そこで、意識的にSwayを作ります。それを2歩目から使っていくのです。3歩目では、遅過ぎて間に合いません。ポイントは、早目のSwayです。
 
 【結論的に】
QuickStepの上手な人は、2歩目の時点から次のステップの方向性を示すウインカーを出しています。つまり、バランスが次の方向へ動き始めているのです。だから女性も、無理なく迷うことなく付けていかれるのです。3歩目ではアウトです。それが、高速ドライブのテクニックなのです。それは“Sway”によるコントロールで行います。

注意:本文は、ライターの経験やアイデアを基に記述していますので、必ずしもテキスト等と一致するものではありません。
※日ごろ感じている疑問や問題をお寄せ下さい。言いにくいとか、今更こんなことをなんて遠慮する必要はありません。貴方の悩みはみんなの悩み。編集部までぶっちゃけてください。採用者には、ダンスビュー特製グッズを差し上げます。

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ