社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

これが元JCFスタンダードチャンピオン海宝先生の ワルツ だ!=回転内回りは、エビからカニへの変化で踊れ= 

12013301530ダンスビュウ・カルチャースタジオ(西日暮里)で開催れた「トッププロ&コーチャー特別講座」お邪魔してきました当日は、海宝修先生(元JCFスタンダードチャンピオン)による“ワルツ”シリーズの第3回目(最終回)でした。

   

 レッスン内容の一部

★立ち方

➀ ヒールを浮かせられるバランスで立つ

➁ 拳一つ分の距離を空けて向かい合う

➂ お互いの両肩に両手を乗せる

➃ 自分の肩と相手に置いた手の位置を変えずに左上方へシェイプする

★ハイホバーとリバースコルテの感覚的な違い

どちらもクイックオープンリバースから入るが、ハイホバーはシェイプがメインとなり、リバースコルテはスイングムーブがメインと考えると、両者の違いを踊り分けしやすい。ハイホバーは、一旦形を作って見せ、カメラマンにシャッターチャンスを与えてから女性をスィーベルさせるイメージ。リバースコルテは、スイング動作の流れの中で、R&Fの波を利用しながら流れを切らないようにバックウイスクに繋げる。

★回転内回りは、エビからカニへ変化する

エビは、何かを感じると直進バックで逃げる。カニは、当然ながら横へ歩く(これは、水族館の話ではない)。実は、このエビからカニへの変化こそが“回転内回り”における極意なのである。その心は、まず真直ぐに後退するということ(決して、横へ逃げるような打っちゃりをやってはいけない)。 そして、下げた軸足の上で股関節を開き“横向き”になる。この変化において重要なことは、横向きになった瞬間に軸足側の股関節と肩のラインが垂直になっていなければならないということである。内回りの人は、股関節を180度開いて完全に横を向いてから、次の足に乗るのである。股関節が開かず直ぐに進行方向に流れてしまうと、前進して来る回転外回りの人を通すことができず、本来の回転量もゲットできない。

★サイドロック

このときのスウェイや顔の向きについては特に決まりはなく、要はバランスがキープできさえすればOKである。ただし、そのバランスはその場に居座ることでキープするわけではなく、ロックした軸足から身体がドンドン進み出て行きながらでなければならない。

★フォールアウェー・リバース&スリップピボット

男性4歩目右足をスリップピボットするときの注意点。

➀ 右足は、“中央”へ抜くこと(中央斜め、ましてLODではない)

➁ 女性3歩目・4歩目のピボットでは軸がほとんど移動しないので、軸を引っ張ってずらさないこと

➂ 左サイドのシェイプをキープしたままピボットすること

モデル・ルーティン (1周分)

〔A面:ロングサイド〕のコーナーに向かってスタート

➀ナチュラルターン(123)~➁ランニング・スピンターン(1&23)~➂ランニング・フィニッシュ(123)~

➃クイック・オープンリバース(1&23)~➄ハイホバー(123 12)~➅スイッチ(3)~➆セイムフットランジ(123 123)~➇ウィーブ(123 123)~➈ナチュラル・スピンターン at a corner

〔B面:ショートサイド〕新LOD中央斜めに向かって

➉ダブル・バックロック(1&23)~⑪チェンジング・スウェイ(123)~⑫アウトサイド・チェンジ(123)~

⑬カーブド・フェザー(123)~⑭バック・ウイスク(123) at a corner

〔C面:ロングサイド〕新LOD中央斜めに向かって

⑮ウイング(123)~⑯シャッセtoR(12&3)~⑰シンコペーテッド・サイドロック(123&)~⑱フォールアウェイ・リバース&スリップピボット(1&23)~⑲コントラチェック(123)~⑳スローアウエイ・オーバースウェイ(123 123)~㉑ホバーtoPP(123)~㉒オープン・ナチュラル(123)~㉓シャッセtoR(12&3)~

㉔ホバークロス(123) at a corner

〔D面:ショートサイド〕新LOD中央斜めに向かって

㉕クイック・オープンリバース(1&23)~㉖リバースコルテ(123)~㉗バック・ウイスク(123)~

㉘シャッセfromPP(12&3)~㉙ナチュラルターン(123) ※最初に戻る

残念ながら、ダンスビュウ・カルチャーとしての講座は今回が最後となります。次回(2/17土)からは、五反田駅東口の「海宝ダンススクール」に会場を移し、12:30~14:00レクチャー兼練習会(12:00開場)となります。受講料は、これまで同様一人2,000円と変わりません。とても価値あるレクチャーだと思いますので、ぜひ一度体験されてみてはいかがでしょう![電話問合せ] 03-3442-1957

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ