社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

ルンバのリード&フォローは、どうあるべきなのでしょうか?検証そのⅡ(男性NG編)-前半-

【スタートで男性の何がNGなのか?】

ルンバのスタートって、男性が音を聞きながらタイミングを見計らい、オープンフェーシング・ポジションの前進から入って行くのが一般的です。(つまり、始動はオープンヒップ・ツイストの捨て足からです。)

このとき男性は、自分でスタートタイミングが分かっているので問題を感じませんが、女性は分かりませんので、いきなり来られたら倒されてしまうのです。ですから、男性は《4・1》からスタートするのであれば、遅くても直前の《3》では確実に女性に通告を終えていなければなりません。

効果的な具体的アクションとしては、ステップ前の《3》のタイミングで、①フリーアームを畳む ②息を吐く ③ウエイトを下ろす という3つのアクションを確実に実行することです。とりあえずこれさえあれば、女性にとっては唐突なスタートにはなりませんから、スタートへの準備が可能になります。

さらに男性が、Pushリードを女性の「胸の位置」に掛けてしまうと余計に倒してしまうことになります。リードは、常に女性のウエストレベルに掛ける意識が重要です。③のウエイトを下ろすというのは、まさにグリップを下げることにもなるのです。唐突に胸を押されたら、女性は倒れるしかないのですから。

【《2》男性チェックド・フォワード・ウォークの何がNGなのか?】

オープンヒップ・ツイスト1歩目《2》におけるテクニックは、女性が「バック・チェック」、男性が「チェックド・フォワード・ウォーク」(CFW)になります。ここでの問題は、このCFWというテクニックを、存在自体知らない、使うべき場面を知らない、テクニック内容を知らないという男性がかなり多いことです。

CFWは、前進から後退に切り替えるときに使うテクニックです。(例えば“ニューヨーク”) この具体的なアクションは、❶つま先を1/8~1/16程度ターンアウトする ❷後ろ脚の膝を曲げる ❸左右の骨盤を入れ替える ことで前進にブレーキを掛け後退に切り替えるわけです。これがチェックアクションです。

目に見える動作はそういうことなのですが、ポイントは「自分の体重+相手の体重」、つまり二人分の体重をコントロールしなければならないという点です。二人分の体重を切り替えるためには、ここで男性は“前進”してはいけないのです。「エッ?だってここ男性は前進でしょ?」 の声が聞こえます。

【チェックド・フォワード・ウォークとは、前進なのか後退なのか?】

「前進」ですが、それは足の方向の話!バランス自体は“後退”させる意識が必要です。ステップは前進でも、バランスはすぐに戻しに掛からなければなりません。それを、足も手も前に伸ばし女性を押し切った後に「戻って来いヨ」といったって、それは無理なのです。結局女性は、自分でタイミングを計りながら、リードとは無関係に勝手に戻って来るしかないのです。これが、女性のオートチェックの原因です。

【《4・1》4・1のヒップツイストで男性の何がNGなのか?】

ここで女性が、勝手にツイストしてくれちゃうのは何故でしょうか?一言でいえば、男性のリードがないからです。男性は、《4》で直進して来る女性をインバイトしながら、グリップにコンプレッションを作り始めます。そして次の瞬間《1》or《&》で、ボディ全体から来るPushリードによりツイストを促します。そういうリードが感じられないので、女性は勝手にここで100%ツイストするものと確信して回るわけです。男性は、回転量(0,1/4,1/2)により、歩幅も、リードタイミングや強さも変えなければいけません。つまり、必ずしもヒップツイストとは限らないことをリードで示す必要があります。 To be Continued

注意:本文は、ライターの経験やアイデアを基に記述していますので、必ずしもテキスト等と一致するものではありません。このような考え方や方法もあるという一つの提案として、参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ