社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

同時に異なる方向性の移動を必須とする「ダンス相対性理論」とは?パートⅡ-後半-

  【なぜ“ライトターン”ではNGなのか?

なぜ、“ナチュラルターン”ではなくて“ライトターン”ではNGなのでしょう?これは、名前の遊びではありません。そこには、2つの問題があるからです。スケールとバランスです。互いに前進した結果としての“ナチュラルターン”と、単にターンを目的とした“ライトターン”とでは、スケールやダイナミックさが全く違います。また、男女が相互前進の結果で入れ替わろうとしなければ、女性は絶対方向に引きずられて確実に落ちます。後退ステップで、さらに後退してしまうからです。女性が落ちれば、共倒れです。

2:ナチュラルターン1歩目の女性 (絶対方向=後退、相対方向=前進)難易度:高

ナチュラルターン1歩目の女性の場合は、ちょっと難しいことになります。それは、絶対方向が“後退”なのに、相対方向は“前進”だからです。つまり、乗っている列車は後退しているのですが、座っている座席は前方へ回転させなければならないからです。列車の移動方向と、座席の方向が逆になっているところが難しいのです。ここで女性が、列車の移動方向の慣性に引きずられてそのままに座席も後退させてしまうと、男女は入れ替えができません。それは“リバースターン”の動作だからです。男性がナチュラルターンやっているのに、女性は何とリバースターン?

3:リバースターン1歩目の男性 (絶対方向=前進、相対方向=後退)難易度:中+

リバースターン1歩目の男性の場合は、若干複雑です。それは、絶対方向が“前進”なのに、相対方向は“後退”だからです。つまり、前進しながら、二人の位置関係を後退させなければなりません。互いに座席を後退させることで結果左へ回る、これが“リバースターン”だからです。

ここでのポイントは、二人が相対的に“後退”することであって、決して最初から左にターンすることではありません。ターンは結果であって、意図して回っているわけではないというのはナチュラルターンと同じです。意図して回れば、それは“リバースターン”ではなくて“レフトターン”というべきものです。それでは、ライトターンと同様にNGなのです。

4:リバースターン1歩目の女性 (絶対方向=後退、相対方向=後退)難易度:低+

リバースターン1歩目の女性の場合も、難しくはありません。それは、絶対方向も相対方向も“後退”だからです。つまり、ステップ(絶対方向)も後退だし、二人の位置関係(相対方向)も相互に後退だからです。女性にしてみれば、ある意味単純に後退していけばOKなのです。それは、後退する列車に乗ったまま、座席もさらに後ろに引いて後退するのです。ただし、バランスを落としてはいけません。

5:ナチュラルスピンターン4歩目の男性 (絶対方向=後退、相対方向=前進)難易度:高

ナチュラルスピンターン4歩目の男性の場合も、絶対と相対の方向が逆になるのでちょっと難しいことになります。男性4歩目の絶対方向は“後退”なのに、相対方向が“前進”だからです。つまり、乗っている列車は後退していくのに、座っている座席は前進させて、結果として右へ回転させなければならないからです。列車の移動方向と、座席の移動方向が反対になってしまうところが難しいのです。

6:ナチュラルスピンターン4歩目の女性 (絶対方向=前進、相対方向=前進)難易度:低

ナチュラルスピンターン4歩目の女性の場合は、絶対と相対の方向が同じなのでそれ程難しくはありません。4歩目を、男性を追い越すつもりで回転円周の接線方向に思い切り出せば、基本OKです。

※ 例5と例6では、直後に男女の役割が一瞬で入れ替わることになります。遠心力を保持したまま連続でこれを行う場合は、相応のテクニックが必要です。例えば、トラベリング・スピン(連続回転)です。

7:オープンテレマーク1歩目の男性 (絶対方向=前進、相対方向=後退)難易度:中+

オープンテレマーク1歩目の男性の場合も、若干複雑です。それは、リバースターンと同様に絶対方向が“前進”で、相対方向は“後退”だからです。前進しながら、二人の位置関係を後退させさせて座席を左回りで入れ替えなければなりません。しかも女性をヒールターンへ導かなければならないので、相対的な後退アクションは、リバースターンの場合よりもさらに早いタイミングで仕掛ける必要があります。そうでないと、女性の足が流れてしまいヒールターンにならないからです。

「ダンス相対性理論」は、ダンスを踊る際の二人の“運動方向”に関し必須な提案をしています。一見複雑そうですが、要はナチュラル系なら前進し、リバース系なら後退するという理論です。ステップ自体の方向性とは、切り離して考えなければなりません。

注意:本文は、ライターの経験やアイデアを基に記述していますので、必ずしもテキスト等と一致するものではありません。このような考え方や方法もあるという一つの提案として、参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ