社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

ダンスビュウブログ

ブログ

【ダンスビュウ6月号DVDの見どころ】

今月のDVDの講師は、昨年11月のバルカーカップ統一全日本戦を最後に引退した新鞍貴浩・中田裕希子先生です。

実は、このGWの連休中、読者の方々から以下の問い合わせがありました。
1人は、前号の瀬古先生のデモ映像のルーティンのステップ名を教えて欲しい、とのこと。
もう1人の方は、今回の新鞍先生のデモ映像のステップ名を教えて欲しいとのこと。
別々の方から、其々のDVDについて同様の問い合わせが入るということは、ステップ名を知りたいという要望があるのでしょう。
もしかすると、今後も同様の問い合わせがあるかもしれません。

本誌のDVDは、ステップ解説の題材となるルーティン・ステップには、画面テロップ・誌面とも名称を入れていますが、最後のデモ映像だけは、あえてステップ名を外しています。
理由は、ステップ名を表示することが、微妙に踊りの鑑賞の妨げになると思うからです。
素のままで、プロの踊りそのものを観てください、ということです。

話が逸れますが、10年前、筆者がにわかカメラマンになって、たまにダンスパーティでプロデモの撮影をしていたときのことです。
被写体が動いている状態の中で、なるべく良いポーズを撮らなくてはいけない。フロアの隅に座って、動線を予測し、角度、距離、照明、ポーズなど諸々が揃うベストのタイミングでシャッターを切り続ける…。
結果何十枚の写真ができ上がるのですが、残念ながら、撮ったそのダンサーの踊りを全然覚えていないのです。
誰が、どんな踊りをしたっけか? 写真はいっぱいできました、踊りは丸ごと忘れました(笑)。
つまり被写体としての形を追って、出来栄えを気にして、踊りそのものを心で見ていなかったのです。
仕事だから仕方ないのですが、勿体ないことをしていたんだなぁ、ダンスの写真なんか撮らない方が良かったよと、つくづく思います。
(もちろん、本当の撮影のプロなら、そんなことはないかもしれませんが)

デモ撮影のとき、ちゃんと見てこなかった後悔が、うっすら爪の痕みたいに、筆者の中に残っています。
DVDも同じだと思います。
ステップ名をいちいち知ろうとして踊りを追跡する、あるいはステップ名という記号を通して、評価的にデモを見ると、たぶん感じ方がだいぶ弱くなる…と思うのです。

話が再び逸れますが、このDVD付録はレッスンDVDを謳っていて「テーマ解説 → ルーティン紹介 → ステップ解説」という流れで教材的に作っています。
でも実際に、学びへの意欲を発動させるのは、レッスン解説の部分にはありません。
読者の方がインスパイアされるのは、デモのシーンだと思います。
プロのダンスシーンを見て、いいなぁと感じる。自分も、いつか、ああいう風に踊ってみたいと感じる。
素晴らしい踊りと踊り手への憧れが、おそらくダンスを学び続ける一番の動機になると思うのです。視聴者の実際の年齢、そして肉体的な条件がどうであれ、憧れがあらゆる学びの種子になると思う。ならばデモシーンにおいて踊り手のオーラが伝わる、その空気、その瞬間をそっとしたほうがよい。だから画面にもチャプターにも、余計な情報を一切表記していません。

そしてデモに感動すれば、このDVD視聴だけで終わらず、きっと誰かに習うでしょう。
そして、ステップ名はすぐに当社に問い合わせなくても、後からだんだん分かってくるはず。その場で即効的に知ろうとするより、いくつかの時間を経た学びの方が、たぶんずっと面白く、深く、その人のダンスを豊かにします。

たかがDVDで偉そうなこというなよ、という意見もあるでしょう。
でも筆者は、自身の体験から本当にそのように思っています。

話が戻ります。
6月号のDVDの最大の見どころは、最後のワルツのデモシーンです。
引退ほやほやの、まだ現役の余熱が十分に残っている状態で、競技ルーティンをそのまま踊っています。全身全霊で。

前半のテーマ解説やステップレッスンは、どちらかというとクールで、淡々とした調子で進みますが、デモに入るや否や、空気が引き締まり、踊り始めると彼ら特有の秘めた情熱が溢れ出てきました。
1人だけの素っ気ない撮影フロアの中で、新鞍選手が踊る。

現役時代の競技シーンがフラッシュバックし、どこからか「新鞍~!」という歓声が、幻聴のように聞こえてきた、かな?
いやいや、この感じ言葉では、表現できません。
ともあれ、じっくりと、ご覧ください。
(文・ダンスビュウ編集部DVD制作担当)

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • ダンスビュウ 編集営業部

    取材のこぼれ話や、気になるあのダンスグッズの紹介など、スタッフがキャッチした、とっておきの情報をお届けします。

最近の投稿

アーカイブ

最近のコメント

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ