社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

ダンスビュウブログ

ブログ

【ダンスビュウ10月号DVDの見どころ】


ダンスビュウ10月号付録DVDの見どころを紹介します。

今回の講師は、村田雄基・麻里亜先生です。本誌DVD初登場です。

最初にDVD企画の経緯を述べたいと思います。
2017年の2月ごろまで、モダン出版では「ダンスビュウカルチャースタジオ」というスタジオを運営していて、3年以上、月に1回、村田先生のラテン講習会の開催しておりました。
筆者は講習会の担当者として、会の受付をしつつ、レッスンを傍聴しておりました。
傍聴人でありましたが、その講習会が毎回毎回、異なるテーマで実に面白かったのです。大まかにいうと、ポピュラーなバリエーションを題材にしながら、ベーシックを学ぶという講習でした。

28年前に地方のダンス教室でラテンの手ほどきを受け、とりあえず踊れるようになったものの、身体の運用に関しては、当時の半端な知識のまま凍結していた筆者にとって、講習会は、得難い観察の機会でありました。
ラテンのバリエーションというと、ベーシックと切り離された振り付けという印象をもっていましたが、そうではなく、複雑に見えるバリエーションの中に、ベーシックが含まれていて、精妙な動作の上にバリエーションがあるということを、おぼろげに理解できました。
隠れている動きをみつける面白さがあって、これはもっと皆に知ってもらえば、と漠然と思っておりました(内心、無料で傍聴して、なんだか悪いなあという気もありましたが)。
そうこうするうち、時は流れ、筆者は個人的な事情で一旦会社を離れましたが、片隅に楽しかった講習会の内容を別の媒体で再現したいな、という気持ちが潜伏していました。そして誌面レッスンを実施したのを機に、村田先生に今回のDVD出演を依頼し、ご返答を頂いたテーマが「センター・フレーム・軸」というものでした。
講習会のとき、クカラチャの練習で「右→左→右」と言いながら、軸の移動の手本を示されていた光景が蘇り、「これは、面白いな」と、直感しました。
というわけで、極々私的な経緯を書きましたが、こんな根っこが背景にあったので、最新号が入荷したとき、筆者もなんだかほっとしました。

それはさておき、レッスンの題目は「ボディワーク」です。
包括的なネーミングですが、副題の「センター・フレーム・軸」が、今回のレッスンの骨子です。内容についてはDVDのテーマ1~3に譲りますが、いわゆるHow to、処方箋的なテクニックとは大きく異なります。
個々のテクニックを支える、汎用的な技法・身体意識として、「センター」・「フレーム」・「軸」をとりあげ、ルンバのステップの中でそれらをいかに活用するかという内容です。

実際に視聴されて、今までのラテンのDVDと毛色が違うかな、と思われる読者の方もいると思います。
「センター・フレーム・軸…」
これって、スタンダードの先生がレッスンの折々で言っていることじゃないか?
アクションとかコネクションとか、タイミングを課題とするラテンのDVDと、ちょっと違うよね…。
本誌92回のレッスンDVD史上の中で、テーマとしては異色の作品かもしれないです。

筆者個人の感想ですが、DVDの撮影中はスタンダードのレッスンを聴講している感覚でした。
見えないコネクションをいかに同期させるか、フレームとはどんな働きをするのか、軸の形成と体重移動は、リードにどのような影響を及ぼすか、等々。
いろいろなダンスに共通する大きなボディランゲージを語っていて、演目がたまたまルンバである、ということです。
村田先生も「ルンバだけでなく、5種目、いや10種目に当てはまると思います」と、控えめなニュアンスで言っていますが、「センター・フレーム・軸」をマスターすれば、きっとタンゴもスローフォックストロットも上手くなるだろうな、と。
もちろん、パソドブレやサンバでも同じでしょう。

筆者はスタンダードを専攻している(学んでいる)方が、「ラテンはやらない」というシーンをしばしば見てきました。
このDVDは、そういう方にこそ見てもらいたいです。
ステップの特徴や種目の特性はそれぞれでしょうが、本質的なことは、ラテン・スタンダードのジャンルを超えて適用できる。
むしろ隣の分野から共通の法則を見つけるからこそ、新鮮な驚きをもって、ダンスを学ぶことができる、と。

モデルルーティンのデモンストレーションをご覧ください。
世界ショーダンス選手権のファイナリストというキャリアから、派手なパフォーマンスを披露されるのかもしれないな、と勝手な予測を抱いていましたが、まったく違いました。
その姿ストイックな印象で、冒頭のベーシックムーブメントの1~3歩~ファンのあたりから、日本インター決勝ソロにも似た、独特の緊迫感が伝わってきました。
身体内部の動きに耳を澄まし、余分な動きを抑え、ベーシックそのものを体現しようとするような…。

センター・フレーム・軸ーー。本質を追求するプロフェッショナルの意思が、まっすぐに伝わってきます。(ダンスビュウDVD制作担当)

お知らせ:9月3日(月)ダンスビュウふれあい舞踏会(浅草の台東区民会館)で、村田雄基・麻里亜組のルンバのショートレクチャーを開催します。今回のDVDの内容も出てくると思います。ぜひご参加ください!(詳細・参加お申込み方法は下記参照)

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • ダンスビュウ 編集営業部

    取材のこぼれ話や、気になるあのダンスグッズの紹介など、スタッフがキャッチした、とっておきの情報をお届けします。

最近の投稿

アーカイブ

最近のコメント

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ