社交ダンス情報総合サイト Dance View ダンスビュウ

正太の舞っちゃけダンシング!

ブログ

同時に異なる方向性の移動を必須とする「ダンス相対性理論」とは?パートⅠ-後半-

【ナチュラルターン1歩目における相対的方向性の考察】

ナチュラルターンの1歩目における“相対的運動方向”というのは、「男女共に前進」となります。「男性前進、女性後退」ではありません。ここはお互いに“前進”なのです。これは一体どういう意味なのでしょう?実は、“ダンス相対性理論”における方向性というのは「互いに前進」か「互いに後退」かのいずれかなります。(ステップに回転がなければ、相対的な運動もありません。)その理由は、右にズレた状態で向かい合って組むというペアダンス独自のスタイルに起因します。

【ダンス相対性理論の実証実験】

①向き合って右腕のみを組んだ状態を作ります。 ②その状態のままお互いに真っ直ぐ前進します。

直進しようとするのですが、当然ながら直進とはならずに右へカーブしてしまいます。つまり“ナチュラル系のターン”になってしまいます。そうです、これこそが本来の“ナチュラルターン”なのです。

今度は、逆に真っ直ぐ後退してみます。ここも、当然ながら直進とはならずに左へカーブしてしまいます。つまり“リバース系のターン”になってしまうのです。そうです、これが本来の“リバースターン”なのです。

【実証実験から導かれる公式】

この実証実験から、ナチュラルターンやリバースターンというのは“前進”や“後退”の結果であることが分かります。「右へ回ろう、左へ回ろう」とする意識ではないのです。重要なことは、二人が互いに「前進するか、後退するか」であって、回ろうなんて微塵も考えないことなのです。前進か後退あるのみです。(ただし前提条件として、右ズレのしっかりしたホールドであることが不可欠です。)以上、この実証実験から導かれる公式は、次のとおりです。

互いに前進すればナチュラルターンになり、互いに後退すればリバースターンになる

【異質な方向感覚への理解】

ダンスにおける方向には、部屋のどこに向かうのかという“絶対的方向”と、二人の位置関係の変化という“相対的方向”との2種類があると説明しました。そしてこの2つの方向性は、全く異なる次元のものであることを理解することが必要です。一つの身体が、異なる2方向へ同時に運動するのは物理的に不可能です。そのように聞こえるかも知れませんが、実際はそんなことはありません。絶対方向と相対方向の2方向というのは、最初は頭が混乱すると思いますが、慣れてしまえば大したことではありません。そして、これが使えるようになれば、ダンスは画期的に変わるのです。

【実際の方向性感覚】

ダンスでは、同時に2方向への動きが必要ということなのですが、実は、これは向かう対象が異なるだけであって、決して矛盾した動きになるわけではないのです。なぜならそれは、一つが部屋における“絶対方向”であり、もう一つが相手に対する“相対方向”だからです。しかしこの動き、確かに矛盾はしませんが絶対方向と相対方向との組み合わせによっては、非常に難しく感じることも事実なのです。

【対応が難しい方向の組み合わせ】

例えば、絶対方向も相対方向も“前進”の場合は、それほど問題はありません。例えば、ナチュラルターン1歩目の男性がそれです。同様に、絶対方向も相対方向も両方が“後退”の場合も、前進の場合ほどではないにしろ、さほど混乱は生じません。例えば、リバースターン1歩目の女性がそれです。

問題は、絶対方向と相対方向とが異なるケースです。例えば、ナチュラルターン1歩目の女性がそれです。ここでは、絶対方向が後退なのに相対方向は前進となります。これは非常に混乱します。こういう場合、どうしても絶対方向だけに意識が行ってしまい、相対方向である“前進”が無視されてしまうのです。こうなると、状況はかなり悲惨なことになります。それでは、男性がナチュラルターンを踊っているのに対し、女性は何とリバースターンを踊ってしまっていることになるからです。本人は、当然無意識ながらでしょうけど!

次回パートⅡでは、具体的なステップに沿って「ダンス相対性理論」の実際を検証してみます。

To be Continued

注意:本文は、ライターの経験やアイデアを基に記述していますので、必ずしもテキスト等と一致するものではありません。このような考え方や方法もあるという一つの提案として、参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

*

※必ず全ての項目へ入力の上、「コメントを送信」ボタンを押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

  • 金沢 正太

    1953年東京産。 O型の親分肌で、やや鮫肌。ギャグ大好き。社会人競技ダンス研究会主宰。ダンス書籍(海外翻訳)出版多数

最近の投稿

アーカイブ

[PR]本川越駅前、3層フロアのダンスショップ。一流メーカーの製品多数、新作毎月入荷!

ページトップへ